オフバランス取引の種類    

企業などがオフバランス取引を行う際には、さまざまな取引の手法が用いられることになり、また現在ではオフバランスではなくオンバランス取引にて行うことになったものなども含めていろいろな種類があります。

オフバランス取引が行われる理由は、企業などがそのバランスシート、つまり貸借対照表への形状を行わなくてよい取引を行うことによって、バランスシートの記載をシンプルに行う事や資産を効率よく用いる事が可能であるために、これによって企業の健康診断表ともいわれることがあるバランスシートを健全化することによって、その企業価値を高める働きがあるからになります。

しかしながら、こうしたオフバランス取引は、企業の決算書などに記載されることのない実質的な活動の部分が、その企業の取引相手である企業や、その株式を購入する投資家、資金融資などを行う際の銀行の査定などに不明の部分が出てくるために、現在ではオンバランスによって取引を行うことなどが主流となっており、こうした透明性の高いものが求められることになっています。

こうした事により、200年には金融消費会計基準の原則が適用され、またリース取引においては通常の売買取引にかかわる方法に準じた会計処理によって2008年から多くがオンバランス取引とされることになりました。

こうしたかつてはオフバランス取引きで扱われていたものの、現在ではオンバランス取引として時価を評価してバランスシートに記載進物には、先物取引やオプション取引などといったものがあります。

これらは全てデリバティブ取引と呼ばれ、株式や債券、為替などのもととなる金融商品からさらに派生した金融商品を取引の対象としたものになります。
これにより、先物取引では市場で取引がされているものの売買について、現在の時点でこれから先の時点での売買取引を行うものになり、その取引の価格と数量と辞典を決定して取引を行います。
このこれから先の取引をあらかじめ行う先物取引によって、将来的に相場に変動があった場合でも、安定した取引が行えることになります。

またオプション取引は、ある商品について、一定の期日に一定の数量をあらかじめ決められた価格で売買する権利自体を売買取引する取引になります。

事業運営などで使用する設備品などを手に入れる場合には、ファイナンスリース取引というものがあり、企業内の資金や融資などで調達した資金を利用して設備を購入するよりも、初期費用が抑えられたり、企業の固定資産にならないという利点からオフバランスに利用されることがあり、上場企業では300万円未満のファイナンスリースでは形状をしなくてもよいことになっています。