さまざまなメリット    

オフバランス取引きは、企業などがその資産の状況などを示す貸借対照表であるバランスシートに、その実態を計上せずに行う取引のことになります。

バランスシートはその企業の持っている資産の状態を表すものであるために、これへの記入を行わない取引、つまりバランスシートから消されている取引においては、これを行う事によってさまざまなメリットを受ける事ができます。

バランスシートは、企業の資産と負債の状況を表している貸借対照表になりますので、これにこれに対してその取引をカットすることによって、バランスシート上の資産と負債の流れをシンプルにすることができるために、これを観て判断される企業に対する外部の評価が高まることになります。

これにより、株式市場に上場をしている企業であればその価値を高める事が可能になるために、株式などによる資産の調達が有利になります。
また、上場をしていない企業であったとしても、銀行などから資産の融資を受けるなどに際して、その交渉を有利に進める事が可能になります。

オフバランス取引を行うことによって、金利や借り入れの負担を減らすことができるために、企業内の資産の利益率を高める事ができ、企業内の資産での余計は物などをカットすることによって、その会計が健全であると判断できるように、見せる事が可能となっています。

以前は、不動産や株といった資産に対する価値の評価が高く、こうしたものを企業が保有していることによって、その価値が上がっていくことがしばしばであったので資産をバランスシートに組み込むことによって、企業に対しての良い評価が得られることになり、また資金の調達においても、株価や不動産の評価が高かったためにこうした資産を担保にして銀行などからの融資を受ける事が出来ました。

現在は、こうした不動産や株といった資産に対する価値評価が低くなっており、資産として保有した場合にその価値が落ちてしまい、負債になってしまう可能性が高くなっています。
このように保有資産の価値が下がってしまう事が進んでしまうことによって、企業のバランスシートにもこの影響を反映せねばならず、こうした事を避けて資産状況の状態を健全化し、企業の価値を高める戦略を取り必要があるため、オフバランスを積極的に行い、簿外取引にて資産をリース資産や、外貨の金利スワップや、先物取引、オプション取引などの形にしておくことによって、バランスシート上での資産から切り離すことが可能となり、
その内容を健全に保つことができるようになるのです。