リース取引の利用    

企業などの貸借対照表にであるバランスシートに対して、それらの取引の内容を記載しない形で行われるオフバランス取引は、これを行う企業にとってはざまざまなメリットが得られることになります。

このオフバランス取引を行う方法の一つに、リース取引の利用があり、これを活用することによって、企業はその運用資金を有効的に活用しながら、事業を行うための設備を投入することが可能になります。

通常、企業などが事業拡大などのために設備資材などを用意するためには、企業内の資金から購入するか、銀行などの融資を受ける、株式や債券などによる資金調達を行うなどを行わなくてはなりません。

しかし、こうした資金を用意して設備を購入した場合には、自らの資金を使った場合には、設備を購入したことによって企業内の資金がなくなり、何らかの理由で資金が必要とされた場合などに身動きが取れなくなる可能性が出てきます。
また、銀行などの融資を受ける場合にも、同じようにいざという時の、リスク回避の手段としての銀行融資の機会を失うばかりか、融資を受けるために様々な審査を通らなければならず、それに対する労力などが必要になるほか、決定権は銀行にあるためにいつ融資が受けられるか不明な点などがあり、株式や債券などでの資金調達についても同じことが言えるのです。

このような様々な問題を解決し、また自社内に固定資産を持たずに済むことなどから、固定資産管理の労力を省くことができるのです。

リース取引におけるファイナンスリースでは、企業は望む設備などの資産を選定し、その設備を制作しているメーカーなどに発注を行い、リース会社がメーカーに対して売買契約を結ぶことによって、その所有権がリース会社に移ります。

メーカーは売買契約によって代金が支払われたことにより、企業が望む設備の納入を行い、企業はこの設備を使用するために、所有権を持つリース会社にリース代を支払うという形をとるのです。

これにより、企業は自らの資産とせずに望む設備を手に入れる事ができるため、株式市場に上場していない企業であれば、こうした取引を行うことで、バランスシートから切り離して取引を行うことが可能になり、また上場企業であったとしても300万円未満の設備投資であれば同じようにして、オフバランスによるファイナンスリースが行えることになっています。

こうしたオフバランス取引でのリースを利用する最大の利点は、初期費用を少なくて設備投資が行えるという点になり、企業内の資金に余裕を持ったまま事業展開を行えるという部分になります。