取引を不動産によって行う方法    

オフバランスとは、企業などが抱える資産をバランスシートである貸借対照表から切り離し計上をしないことを指し、様々な取引をオブバランスによって行うことにより、資産の収益率を改善することが可能になり、多くの資産を抱え込んでしまっているバランスシートを調整したりすることが可能となります。

このオフバランスでの取引を不動産によって行う方法には二つの種類があり、一つは不動産を入手する際に、ファイナンスリースを利用してリース会社から建物などを借り入れることによって、自らの固定資産としない方法と、すでに持っている不動産を証券化することによって、バランスシートの記載から外す方法になります。

ファイナンスリースはリース取引によって行われるもので、基本的にはリース会社から借りることになります。
通常のリースと違う部分は、リースを行う物品をリースを行いたい企業が選択できる事になっており、リース会社はその建物の売り手と売買取引を行いその所有権を手に入れ、企業はリースされたものを使用する代わりに、リース会社に対してリース代金を支払うという形を取るために、企業が望む形のリース物品を入手することができるという事になります。

この事によって、企業は自社で購入するための初期資金を用意する必要がなく、また融資などによって資金調達を行わなくていいという利点があります。

一方の不動産の証券化は、不動産のを証券にすることによって流動性を高めて、その不動産資産から得られる保有による利益であるインカムゲインと、その不動産の市場価格の変動によって得る事ができるキャピタルゲインという二つの利益をその証券を手にした信託の受託者に分配することになります。

こうした事を行うことによって、その不動産を保有する企業はその不動産から切り離されることになるために、その不動産が実際に生み出している収益やリスクという物が明確になります。
この際に得られる収益を得る権利の証としてその証券を発行し、この証券を流通させることによって、一般的に取引価格が極めて高額であるために、売買などの取引がなかなか行えないという流動性の低さが問題だった不動産投資などのデメリットを取り除くことが可能となります。
不動産を証券化することによって、バランスシートから切り離してとりひきをおこなうことができるために、資産や負債の削減が行えることはもちろんですが、そうなの下落などのよる不動産という資産のリスクを軽減したり、この証券によって資金の調達が可能であったりという利点があるために、こうした事を目的として不動産の証券化を行う企業も多くあります。